両立支援等助成金


平成30年度

1 出生時両立支援コース

男性が①育児休業や②育児目的休暇を取得しやすい職場づくりに取り組み、その取組によって男性に育児休業や育児目的休暇を取得させた事業主に、助成金が支給されます。

Q 男性に①育児休業を取得させると幾らの助成金が給付されるのでしょうか?

 

 

中小企業

中小企業以外

①1人目の育休取得

 

57万<72万>

28.5万<36万>

②2人目以降の育休取得

育休 5日以上

14.25万<18万>

育休14日以上

23.75万<32万>

育休1ヶ月以上

33.25万<40万>

        <>は生産性要件を充足した場合

Q ①育児休業とは何でしょうか?

育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(以下「育児・介護 休業法」という。)第2条第1号に規定する育児休業をいう。 

Q 有期契約社員が①育児休業を取得した場合も助成金の対象になりますか?

なります。

「申請事業主に引き続き雇用された期間が1年未満の有期契約労働者が、育児・介護休業 法第2条第1号に規定する育児休業に準じて事業主が労働協約又は就業規則に規定した制度に 基づき取得した休業についても、本コースにおいては育児休業として取り扱う」とされています。

Q ②育児目的休暇とは何でしょうか?

育児・介護休業法第24条第1項に規定する休暇制度であって、申請事業主の雇用する男性労働者が、子の出生前後に育児や配偶者の出産支援のために分割して取得できる休暇(子の看護休暇、介護休暇及び年次有給休暇を除く)制度のことです。


2 介護離職防止支援コース

仕事と介護を両立するための職場環境整備の取組を行い「介護支援プラン」を 作成したうえで、介護休業の取得・職場 復帰、または介護のための勤務制限制度 (介護制度)の利用を円滑にするための取組を行った事業主に、助成金が支給されます。

3 育児休業等支援コース

①「育休復帰支援プラン」を作成し、プランに 沿って労働者に育児休業を取得、職場復帰させた中小企業事業主に助成金が支給されます。

②育児休業取得者の代替要員を確保し、 休業取得者を原職等に復帰させた中小企業事業主に助成金が支給されます。

③育休からの復帰後、仕事と育児の両立 が特に困難な時期にある労働者のため、新たな制度導入などの支援に取り組んだ中小企業事業主に助成金が支給されます。

4 再雇用者評価処遇コース

妊娠、出産、育児または介護を理由 として退職した者が、就業が可能になったときに復職でき、適切に評価され、配置・処遇される再雇用制度を導 入し、かつ、希望する者を採用した事業主に助成金が支給されます。

5 女性活躍加速化コース

女性活躍推進法に基づき、自社の女性の活躍に関する「数値目標」、数値目標の達成に向けた「取組 目標」を盛り込んだ「行動計画」を策定して、目標を達成した事業主に支給します。

ダウンロード
【H30年度】両立支援等助成金.pdf
PDFファイル 5.5 MB
ダウンロード
両立支援等助成金 支給申請の手引き.pdf
PDFファイル 5.5 MB

平成29年度

ダウンロード
平成29年度 両立支援等助成金.pdf
PDFファイル 1.2 MB