1 雇用型訓練コース

1 雇用型訓練コースの内容

 雇用型訓練コースは、下記のように3つの訓練に分かれています。

①特定分野認定実習併用職業訓練

「建設業、製造業、情報通信業」が実施する厚生労働大臣の認定を受けたOJT付きの訓練


②認定実習併用職業訓練

厚生労働大臣の認定を受けたOJT付きの訓練


③中高年齢者雇用型訓練

 直近2年間に継続して正規雇用の経験のない中高年齢新規雇用者等を対象としたOJT付きの訓練

 

2 助成の内容
 これらの訓練を行うと、訓練の経費や訓練期間中の賃金の一部を助成します。 どれぐらいの助成が行われるかは下記のとおりです(カッコ内の数字は、大企業に対する助成額・助成率です)。
①特定分野認定実習併用職業訓練
・Off-JTへの賃金助成:800(400)円(1人1時間当たりの金額)
・Off-JT経費助成:3分の2(2分の1)
・OJTの実施助成:700(400)円(1人1時間当たりの金額)

②認定実習併用職業訓練、③中高年齢者雇用型訓練
・Off-JTへの賃金助成:800(400)円(1人1時間当たりの金額)
・Off-JT経費助成:2分の1(3分の1)
・OJTの実施助成:700(400)円(1人1時間当たりの金額)

①と②③では、下線部のとおり、Off-JTの経費助成が異なっています。

3 受給手続の流れ
 受給手続の大まかな流れは、下記のとおりです。
①訓練計画の作成・提出→②訓練の実施→③支給申請書の提出→④助成金の受給