2 介護福祉機器等助成

1 概要

 介護事業主が、介護労働者の身体的負担を軽減するために、新たな介護福祉機器を導入し、労働環境の改善がみられた場合に助成がなされます。

 

2 主な受給要件

①介護労働者の労働環境向上のための介護福祉機器(※)の導入・運用計画を作成し、管轄の労働局長の認定を受けること

※ここにいう「介護福祉機器」は、移動・昇降用リフト、自動車用車いすリフト、エアーマットなど1品10万円以上であることが必要です。

②介護福祉機器の導入を実施し、導入効果(※)を把握すること

※導入効果は、従業員にアンケートを実施するなどして行います。

 

3 助成金額

 以下の合計額(税込)の2分の1上限300万円)を支給します。

 イ 介護福祉機器の導入費用

 ロ 保守契約費

 ハ 機器の使用を徹底させるための研修費

 二 介護技術に関する身体的負担軽減を図るための研修費