1 雇用管理制度助成

1 概要

 雇用管理制度(評価・処遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度)の導入などを通じて従業員の離職率の低下に取り組む事業主に対して助成がなされます。

 

2 主な受給要件

①制度導入

・雇用管理制度(評価・処遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度)の導入を内容とする雇用管理制度整備計画を作成し、管轄の労働局の認定を受けること

雇用管理制度整備計画の実施機関内に、雇用管理制度を導入・実施すること

②目標達成

 上記①制度導入の実施の結果、計画期間の終了から1年経過するまでの期間の離職率を計画提出前1年間の離職率よりも、下表に掲げる目標値以上に低下させること

雇用保険一般被保険者の人数

1~9人

1029

3099

100299

300人以上

低下させる離職率

15%

10%

7%

5%

3%

 

3 助成金額

①制度導入

 新たに以下の雇用管理制度を導入、実施した場合、区分に応じた以下の金額が支給されます。

 イ 評価・処遇制度:10万円

 ロ 研修制度:10万円

 ハ 健康づくり制度:10万円

 二 メンター制度:10万円

 

②目標達成

 雇用管理制度の適切な運用を経て、上記表の目標を達成し、従業員の離職率の低下が図られると、60万円が支給されます。

※複数の雇用管理制度区分を導入した場合も金額は変わりません。

建設事業主の場合には、若年労働者の入職率に関する目標を達成すると、さらに60万円の支給がなされます。