65歳超雇用推進助成金


定年年齢を65歳以上にするなど、高齢者の雇用を促進する場合に支給される助成金です。


1 概要

①65歳以上への定年の引上げ

②定年の定めの廃止

③希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入

のうち、いずれかを導入すると助成金が支給されます。

 

2 助成金額

①65歳への定年の引上げ:100万円

②66歳以上への定年の引上げ、または、定年の定めの廃止:120万円

③66歳から69歳の希望者全員を対象とする継続雇用制度の導入:60万円

④70歳以上の希望者全員を対象とする継続雇用制度の導入:80万円

※定年の引上げと継続雇用制度の導入を合わせて実施しても、支給額は「定年引上げ」の額のみです。

 

 3 主な支給要件

①定年の引上げ等の実施に対して、専門家への委託費等の経費の支出があること

②支給申請日の前日において、申請事業主に1年以上継続して雇用されている者であって 60歳 以上の雇用保険被保険者が1人以上いること。
③定年の引上げ等に関して、過去に高年齢者雇用安定助成金の支給を受けていないこと

④導入する制度の施行日から起算して1年前の日から支給申請日の前日までの間にⅰ「60歳以上定年」を定めていること、ⅱ「定年の定めの廃止、65歳以上の定年、65歳以上の継続雇用制度のいずれか」の定めをしていること