助成金を利用して、会社の労働環境を向上させ、労働者に選ばれる会社になることを目指します。

 人手不足の現在、会社発展のためには、労働者に選ばれなければなりません。

 そのために、労働環境を向上させることを目指さなければなりません。

 

 そして、労働環境を向上させるためには、助成金を利用すべきと考えます。

 助成金の支給のためには、「法令遵守」を含む多数の条件を満たす必要がありますので、助成金を利用すれば、必然的に労働環境は向上します。

 

 宮崎はまゆう社労士事務所は、御社の労働環境を向上させ、労働者に選ばれる会社になるようお手伝いをします。

 梶永は、弁護士&社会保険労務士として、宮崎県の中小企業の労務管理に日常的に携わっています。

 他の社労事務所との違いをお伝えします。


弁護士・社会保険労務士 梶永 圭(かじなが けい)

    略歴

平成20年 弁護士登録

      弁護士法人北千住パブリック法律事務所入所

平成22年 壱岐ひまわり基金法律事務所 開設

平成24年 宮崎はまゆう法律事務所 開設

      社会保険労務士登録

平成27年 宮崎はまゆう社労士事務所を分離

平成28年 社労士法人はまゆう 宮崎はまゆう社労士事務所を設立

      はまゆう社労士試験対策講座を開設

 私の両親とも宮崎県出身で、私も宮崎市の昭和町で生まれ,小学生の頃まで都城市で過ごしました。東京で弁護士をした後、長崎県にある壱岐の島という離島に渡り、壱岐ひまわり基金法律事務所書として開設・運営をしていました。

 壱岐ひまわり基金法律事務所所長の任期が終了したことにより、平成24年5月、地元宮崎で宮崎はまゆう法律事務所を開設するに至り、弁護士及び社会保険労務士として幅広いリーガルサービスの提供に邁進して参りました。

 平成28年1月、社会保険労務士業務のさらなる拡充のために、宮崎はまゆう法律事務所から宮崎はまゆう社労士事務所を分離し、法人化いたしました。

 今まで以上に、法律家であると同時に、経営アドバイザーとして、中小企業の利益を守りたいと考えています。変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

 *ひまわり基金法律事務所とは、弁護士がいない又は少ない地域に日本弁護士連合会等の援助により設置される公設事務所のことをいい、原則として2年から3年間を任期として弁護士が派遣されます。