助成金を利用して、会社の労働環境を向上させ、労働者に選ばれる会社になることを目指します。

 人手不足の現在、会社発展のためには、労働者に選ばれなければなりません。

 そのために、労働環境を向上させることを目指さなければなりません。

 

 そして、労働環境を向上させるためには、助成金を利用すべきと考えます。特に、中小企業は、その必要性が高いといえます。

 助成金の支給のためには、「法令遵守」を含む多数の条件を満たす必要がありますので、助成金を利用すれば、必然的に労働環境は向上します。

 

 宮崎はまゆう社労士事務所は、御社の労働環境を向上させ、労働者に選ばれる会社になるようお手伝いをします。

 梶永は、弁護士&社会保険労務士として、宮崎県の中小企業の労務管理に日常的に携わっています。

 労務管理の身近なスペシャリストを目指している宮崎はまゆう社労士事務所に一度、ご相談下さい。他の社労事務所との違いをお伝えします。


弁護士・社会保険労務士 梶永 圭(かじなが けい)

    略歴

平成20年 弁護士登録

      弁護士法人北千住パブリック法律事務所入所

平成22年 壱岐ひまわり基金法律事務所 開設

平成24年 宮崎はまゆう法律事務所 開設

      社会保険労務士登録

平成27年 宮崎はまゆう社労士事務所を分離

平成28年 社労士法人はまゆう 宮崎はまゆう社労士事務所を設立

      はまゆう社労士試験対策講座を開設

 私の両親とも宮崎県出身で、私も宮崎市の昭和町で生まれ,小学生の頃まで都城市で過ごしました。東京で弁護士をした後、長崎県にある壱岐の島という離島に渡り、壱岐ひまわり基金法律事務所書として開設・運営をしていました。

 壱岐ひまわり基金法律事務所所長の任期が終了したことにより、平成24年5月、地元宮崎で宮崎はまゆう法律事務所を開設するに至り、弁護士及び社会保険労務士として幅広いリーガルサービスの提供に邁進して参りました。

 平成28年1月、社会保険労務士業務のさらなる拡充のために、宮崎はまゆう法律事務所から宮崎はまゆう社労士事務所を分離し、法人化いたしました。

 今まで以上に、法律家であると同時に、経営アドバイザーとして、中小企業の利益を守りたいと考えています。変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

 *ひまわり基金法律事務所とは、弁護士がいない又は少ない地域に日本弁護士連合会等の援助により設置される公設事務所のことをいい、原則として2年から3年間を任期として弁護士が派遣されます。 


社会保険労務士 濱田 英彰(はまだ ひであき)

    略歴

平成15年 行政書士試験合格

平成24年 個人情報保護士試験合格

平成26年 社会保険労務士試験合格

平成27年 宮崎県社会保険労務士会登録

平成27年 メンタルヘルスマネジメント検定試験Ⅱ種合格

平成28年 メンタルヘルスマネジメント検定試験Ⅰ種合格       

【自己紹介】

 社会保険労務士の濱田 英彰と申します。

 出身は鹿児島で、大学進学のため上京し、大学卒業後は専門学校で講師をしておりました。難しい言葉・考えをわかりやすく話をすること、授業を受けていただいる方一人一人の満足を得るためにどうすべきかを考え、仕事に注力していました。

 趣味は、スポーツ観戦です。野球、サッカー、ゴルフなどスポーツはどの競技を観戦するのも好きです。最近では、Jリーグを目指して活動している「テゲバジャーロ宮崎」のオフィシャルサポーターとなり、チームを応援をしています。

 また、お酒を飲むのも好きです。これまでは、鹿児島出身ということもあり、鹿児島の芋焼酎を飲むことが多かったのですが、宮崎に住むようになり、居酒屋などに行くと必ず宮崎の焼酎を飲むようにしています。お店に行って、自分の知らない銘柄の宮崎の芋焼酎を飲むのが、一つの楽しみになっています。

 

 【社労士という仕事への思い】

 私の父は小さな会社を経営しています。会社は自宅近くにありましたので、幼少期から、父の働く姿をずっと見てきました。また、母も父の仕事を手伝っていました。もちろん、経営はいつも順風満帆というわけではなく、大変な時期も多くあったと思います。そういった中で、何か父母の力になることができないかという思いをずっと持っていました。

 そのようなときに出会った資格が、社会保険労務士でした。中小企業の人事・労務管理に関するお手伝いができるのが、社会保険労務士という資格です。私は、少しでも父母のような中小企業の経営者のお役に立ちたいという思いで、社会保険労務士という資格を取得しました。

 社会保険や人事労務管理、助成金に関することでお困りの中小企業の事業主様もいらっしゃると思います。特に近年は、労働関係・社会保険に関する法律の改正が頻繁に行われており、知らないうちに会社としてやるべきことが増えていたということも多々ございます。もし、お困りのことがあった際には、そのお手伝いをさせていただけますと幸いです。

 

 

【力を入れていること】

 マイナンバーを含め、近年は個人情報の保護に関して規制の強化がなされています。それにもかかわらず、個人情報の漏えい等のニュースは後を絶ちません。マイナンバーを含めた個人情報の管理についてどういう点に気を付ければよいか、最新情報に気を配りつつ日々研究を重ねています。

 また、近年は、生き生きとした職場づくりのために、メンタルヘルス問題への取り組みの重要性が指摘されています。2015年12月1日より、常時雇用する従業員が50人以上の事業場には従業員に対する「ストレスチェック」の実施が義務づけられたのも、その現れの一つと言えます。メンタルヘルス対策は、経営者、管理職、一般社員すべての方々が、それぞれの立場で考え、実践すべきものです。ところが、どのような対策を行うべきかなかなか知られていないのが実情です。そこで、メンタルヘルス・マネジメント試験Ⅰ種(マスターコース)取得者の立場から、より良い職場づくりのお手伝いができればと考えています。